事業内容:ITコンサルティングファーム:株式会社アクセスネット
■運用保守

運用保守とは

「運用保守」とは現行システムを安定稼動させ、その上でシステムを改善・変更する業務です。
アクセスネットが考える「運用保守」とはシステム(サービス)を維持(提供)するために行う重要な業務です。

■プロセスチャート
<初期導入時>
※お客様との密接な関係性の中で業務を行いますので、
その中で新たな開発や運用保守のご提案が可能で御座います。
■運用保守へのこだわり
システムを安定稼動させることが主目的であることを全社員が認識しております。
また、求められる定例業務を正確に行うだけでなく、より良い保守サービスを実現する為に
問題発見/解決に向けた提案活動も行って参ります。
■過去事例
 OSセキュリティログ管理システム運用、保守
業種 金融
概要 開発者による、本番環境アクセスログと実施報告を照合して不正アクセスがないかを確認するシステムの構築導入、その後の運用保守を行っております。
環境 UNIX(HP-UX、Solaris、AIX)、Linux(RHEL)、Windows(Windows2000、2003、2008)、shell(POSIX)、PL/SQL、JP1/AJS2、Oracle11g
フェーズ 構築→試験→導入→運用保守
システム基盤更改に伴うデータ移行作業全般
規模 監査対象システム:150システム
監査対象サーバ:3000クライアント
体制:リーダ1名、サブリーダ2名、メンバ6名
 某省庁向けインフラ環境構築保守
業種 省庁
概要 全国拠点をセキュアに結ぶ統合システムのデータベース周りの構築を行っております。
また、シンクライアントの設定や導入後の保守を行なっております。
環境 UNIX、シンクライアント、SYBASE
フェーズ 概要仕様→基本/詳細/論理設計→構築→テスト→導入→運用保守、調査分析
規模 利用者数:数千ユーザー
体制:リーダ1名、メンバ3名
 音声通話録音装置システム保守点検
業種 情報通信
概要 録音サーバーの施工/設置から、システム導入後の保守点検業務を弊社チームにより実施しております。
導入先のお客様内にて常駐業務を遂行しているメンバーもおります。
環境 Windows、SQL Server、TCP/IP、バッチ
フェーズ 構築、運用保守
規模 体制:リーダ1名、メンバ3名、お客様先常駐2名
 無線LAN,VoIPシステムにおける技術支援/システム検証
業種 移動体通信
概要 携帯端末による内線機能を保有した機器の検証を行なっております。
また、無線LANシステムのお客様先配置に伴う、効果測定検証を行なっております。
営業担当者と同行し、技術的な支援も行なっております。
環境 各種測定機器
フェーズ 調査分析、検討
規模 体制:リーダ1名、メンバ3名
【閉じる】
Copyright(C) ACCESSNET, Inc. All Rights Reserved.